来る日も来る日も借金の心配

 

300万円という大きな金額の返済は、毎月いくらくらいになるのでしょう。おそらく月々10万円を超えるのではないでしょうか?

 

もう、毎月の支払が近づいてくると、多くの方は仕事などは手につかなくなるくらい、返済のことで頭がいっぱいになってしまうでしょう。

 

どうしても返済金が用立てできないと、さらにどこかで借り入れして返済に充てるという自転車操業が始まります。しかし、普通のサラリーマンの場合には、300万の借金はもうすでに総量規制を超えていて、他からの借り入れは不可能でしょう。

 

総量規制がない銀行のフリーローンにしても、そこまっで陥ってしまっていたら、借り入れ審査に通ることはまず不可能です。

 

もうそうなってくると、毎日が借金返済のための資金繰りばかり考える日々。朝から晩まで借金の心配をしている本当につらい状態が続いているかもしれません。

 

借り入れるチャンスがあっても

 

そんな時、もしあなたが家や土地などを持っていたら気を付けなければなりません。それはそれらを担保に借り入れでできる不動産担保ローンです。

 

いくら借金総額が総量規制を超えてしまっていても、不動産を持っていればそれを担保に300万はもとより、かなり大きな額の借り入れをすることができます。しかし、その方法はかなり危険です。

 

もちろん、銀行などのしっかりしたところでの不動産担保ローンなら、きちんと返済していけば危ないこともありませんし、利息もかなり安く借り入れすることもできるでしょう。

 

しかし、どんなに銀行が安心だからといっても、万が一その返済が滞てしまえば、いくら安心な銀行と言えども、担保にした財産は取り上げられてしまいます。

 

せっかく気づき上げた財産もなくなってしまえば、それこそ済む家さえなくなってしまうのです。もしそのような」ことになってしまえば、あなたの人生は台無しになってしまいます。

 

もし、そのような財産があったとしても、絶対に安易な考えで借金のカタに大事なものを担保にしてさらなる借金を作ることは避けてください。

 

借金地獄から抜け出す方法は、そんなに危ない橋を渡らなくてもちゃんと用意されています。

 

関連ページ

家族に内緒の借金の悩み
家族に内緒の借金の悩みを抱えている人は大変多いようです。家族が知っていれば、どうにか乗り越えることもできるかもしれませんが、内緒にしている借金の返済はかなり難しいといえるでしょう。