債務整理とはどのような事でしょう

 

債務整理は、借入金の返済が追い付かなくなった時に、法的にその返済を助けてもらう方法です。

 

その方法には、任意整理や個人再生。また、借金の元金すべてを0にしてもらう自己破産といった方法があります。

 

しかし、いずれも専門的な知識や経験を必要とする交渉がないと、債権者との和解をスムーズに、また有利に行うことができないので、弁護士や司法書士に依頼することが望ましいでしょう。

 

それでも、ある程度の知識を持っているにこしたことはありません。

 

債務整理にはどのような方法があるのか?どのように行われていくのか?といったことを頭に入れておきましょう。

 

債務整理とは?債務整理にもいろいろな方法があります記事一覧

債務整理には、いくつか方法があります。それらは、債務者自身で行うこともできますが、ほとんどの場合手続きなどが煩雑だったり、裁判所がかかわってくる場合もあたりと、素人が行うにはなかなか難しいものです。そのため、債務整理を行う人のほとんどが、法の専門家である、弁護士か司法書士に依頼しています。特に債権者とのやり取りは、素人が行おうとしても、専門的なことがしっかりとわかっていないと、先方にやり込められて...

まず最初に、弁護士または司法書士(以下 法律事務所と表記します)が、あなたから任意整理を受任したことを知らせる「任意通知書」を債権者あてに発送します。その後法律事務所が、借入額や借入日、返済日など、今までの借金についての調査(債務調査)を行います。もし、あなたのところにその詳細が残っていなくても、法律事務所で債権者に問い合わせてその内容を調査してくれるので安心してください。その調査によって出てきた...