どの債務整理で300万借金解決?

 

どの債務整理で300万借金解決?
300万の借金を解決するには、どのような債務整理で解決すればいいのでしょうか?

 

債務整理には、任意整理個人再生、そして自己破産といった方法があります。実際に、債務整理を行う場合には、その中から300万の借金解決に適しているものをひとつ選び出さなければなりません。

 

しかし、同じ300万の借金といっても、その生活や収入などはそれぞれ違います。一概に、300万の借金はこの債務整理があっているということはできません。

 

例えば、任意整理で解決したいと思っている方でも、任意整理後の弁済が滞りなく行えないような場合には、本人がそれを望んでもその方法で債務整理をおこなうのは難しいでしょう。

 

また、個人再生を望んでいる方でも、その条件に合わなければ、裁判所に申し立て棄却されてしまいます。

 

このように、債務整理にはそれを行う方それぞれに合った債務整理があるので、その人その人の状況をきちんと把握したうえで、ジャッジできる弁護士や司法書士といった専門家の見立てが必要となってきます。

 

一応、目安として、それぞれの特徴を簡単にご説明しておきましょう。

 

任意整理

 

任意整理
任意整理とは、基本的に利息を免除してもらったうえで、現在の借入残高を一括、または分割で返済していくという方法です。

 

その際、今まで支払ってきた利息が、利息制限法に沿った正しい金額であったかどうか確認してもらいます。その結果、もし法定金利よりも高い金額を支払っていた場合には、引き直し計算を行い、多く支払った金額を返還してもらうことができます。

 

その返還される金額は、現在残っている借入金額から相殺してもらえます。例えば、返還される金額が100万あるような場合には、300万の借り入れ残金から100万を引き、残った200万を利息なしで返済すればよいと言ことになります。

 

しかし、今まで支払っていた利息が、法定通りだった場合には、現在残っている借入残額が300万なら、今後発生する利息は免除されるものの、その300万全額を返済しなくてはなりません。

 

分割で返済する場合には、通常3年から5年で返済することになりますので、最長の5年で返済すると、300万÷60回で、毎月5万円の返済ということになります。

 

もしあなたが、毎月5万円の返済がきついといった場合には、この任意整理での借金解決は難しいということになり、他の方法を行うことになるでしょう。

 

任意整理のメリットデメリット

任意整理のメリット

  • 利息が免除される
  • 裁判所の関与がなく簡易的
  • 多く支払っていた利息を取り戻せる
  • 保有財産はそのまま

任意整理のデメリット

  • 大きな減額が望めない場合がある
 

個人再生

 

個人再生
個人再生は民事再生ともよばれ、大きな減額をしてもらうことができる債務整理の方法です。

 

例えば、100万から500万以下の債務の場合には、一律借り入れ金を100万にまで減額してもらえます。100万の債務の人は減額とは言えませんが、例えば300万の借り入れがある場合でも、500万の借り入れがある場合でも、100万円を弁済すればいいということです。

 

しかも、返済期間は3年ありますので、100万÷36回で、月の返済額は約27,777円ということになります。

 

これなら、まず返済が不可能という人はほとんどいないのではないでしょうか?

 

それなら任意整理するよりも個人再生の方がいいと誰しも思いますが、さすがにこれだけ減額があるので、その条件は任意整理より厳しくなります。

 

例えば、自己破産のように債務者の財産が処分されることはありませんが、ローン中の車がある場合には、そのローン会社に車が引き上げられてしまったり、そのローンが終了している場合でも、車の価値が高価な場合には、その分返済金額が上がってしまうこともあります。

 

また、生命保険を解約した場合の金額が多い場合にも、その金額が返済金が金額に反映してしまったり、などなど、それなりにハードルは上がります。

 

いずれを選ぶにしても、経験豊富な専門家のアドバイスを受ければ、「ちょっと無理かな?」という方法でも、可能な方法を見つけ出してくれることも気期待できますので、まずは一人で悩まず、債務整理相談窓口を利用してみてください。

 

 

 

関連ページ

債務整理の種類・方法
債務整理にはどのような方法があるのでしょう?借金の状況などで債務整理の方法も変わってきます。あなたにとって一番良い方法を見つけ出しましょう。
任意整理の手順は?
300万の債務整理で任意整理を行う場合の手順についてご説明しています。任意整理を行う際には、どのようにそれを進めていくのかのおおよその手順を頭に入れておきましょう。