任意整理はこのような手順で行います

 

まず最初に、弁護士または司法書士(以下 法律事務所と表記します)が、あなたから任意整理を受任したことを知らせる「任意通知書」を債権者あてに発送します。

 

その後法律事務所が、借入額や借入日、返済日など、今までの借金についての調査(債務調査)を行います。もし、あなたのところにその詳細が残っていなくても、法律事務所で債権者に問い合わせてその内容を調査してくれるので安心してください。

 

その調査によって出てきたものを利息制限法に基づいて引き直し計算を行って、現在の法的に返済すべき金額をチェックします。

 

任意整理の場合には、これからの利息はすべて免除してもらえるので、現在残っている返済すべき金額のみを分割で支払っていきます。
(一括で支払える場合は、一括返済を行います)

 

その際、あなたが生活してくために必要な金額などを(いくらくらいなら返済できるか)考慮し、3年から5年で全額返済できる毎月の返済額と返済期間の債務整理案を作ります。

 

その案に基づき法律事務所に債権者と交渉を行ってもらいます。多重債務になっている場合には、それぞれの債権者に同じように交渉して和解を求めます。

 

その和解が成立してから、債務者の返済が始まります。債務整理を依頼してから和解の成立までには半年前後の期間がかかります。

 

その期間は利息の発生もなく、返済もストップするので、多くの場合は、その間を利用して債務整理の費用を法律事務所に分割で支払っていく方法がとられます。

 

関連ページ

債務整理の種類・方法
債務整理を行うときには、弁護士、または司法書士に依頼することをお勧めします。個人でも債務整理は行えますが、難しいことが多々あるので、専門家にい依頼した方が良いでしょう。